「外国人観光客対応力向上セミナー」を開催しました!


10/12~10/25の4日間で「外国人観光客対応力向上セミナー」を開催しました!

 今回は、市内の飲食業・小売業・宿泊業をはじめとする事業主、従業員の方向けに”外国人観光客への対応方法”を学んでいただきました。

 外国人観光客への対応については、広報活動をしているときから、気になっている事業所さんがとても多く、交替での参加・都合が合うときのみの参加も含めて、24社・43名の方に受講していただきました!

 

◆セミナー内容をご紹介します!

10/12・10/16 ジョーイ有限会社  代表  益留三起さん・アシスタント アーロン・メイハーさん

 1・2日目は、海外から見た日本のおもてなしについてのお話や求められているサービスについてお話いただき、後半はオーストラリア出身のアーロンさんと一緒に接客時の英会話についてグループに分かれて、発音練習等を行いました。

       

 

10/18・10/25 株式会社訪う 代表取締役社長  日髙葵さん

       

 3・4日目は、ご自身も海外で生活した経験があり、多くの外国人の方と親交がある日髙葵さんに、日本に来る外国人が何を求めて訪日するのか、日本の文化と外国の文化の違いと注意点、キャッシュレスへの対応等について実体験を交えて分かりやすく説明していただきました。

特に慣習・文化の違いは、日本では普通のことが海外の方には不快な思いをさせてしまうということで、とても勉強になりました。

例)①日本人のOKサインは、フランスでは”能無し、無能者”を意味するため、絶対にしてはいけない。

  ②日本では子供の頭をなでることが習慣的にあるが、タイ・ラオス・スリランカ等では、

   子供の頭には精霊が宿っているという言い伝えがあるため、絶対タブーとなる。

◆受講者の声を一部ご紹介します。

「”おもてなし”はリピーターを増やすために大切なことだと改めて感じました。英会話で実際に発音などを聞いて、すごく感動し勉強になりました。ありがとうございました。(40代女性)」

「外国の方に限らず、日頃から来ていただくお客様、身近な人にきちんとしたおもてなしができていなければ、突然来られる外国人の方の対応などできない。だからこそ、日々のホスピタリティが大事だと感じました。(30代男性)」

 今回のセミナーは、飲食店・ホテル等の宿泊施設・タクシーやバス等の交通・旅行会社・お土産物販売店・物産館など様々な業種の方にご参加いただき、それぞれのお店の外国人の動向についての情報交換をされていました(^^)

 協議会スタッフも、外国人観光客の動向や市内事業所さんが抱えている悩み事など、生の声をたくさん聞くことができ、来年度の計画の参考になりました!

 12月からは求職者・創業希望者向けの食品加工技術習得セミナーを開催予定です!

 詳細はホームページに掲載しておりますので、興味のある方は是非ご参加ください🚩

 

 

日向市地域雇用創造協議会LINE@はじめました

LINE@1対1トークでお問い合わせなどの受付が出来ます。ほかに「セミナー情報」や「イベント案内」などの最新情報をいち早くお届けしますので、LINEを使っている方はぜひ「友だち追加」をしてみてください。

LINEID:@yaz8530f


友だち追加